息と域と

まだまだすこしのことであふれる飽和状態のよう。

空白がいとしい。



自分以外で過ごしている時間がいくらかあるって

この仕事ってやっぱりすこし変だな。

そんなことを、ふと、たくさんかんがえたけど

ことばにするのは、よした。




声が低くなったね、とここ数日よく言われるし、たしかにそうだ。

じぶんがあんしんする音で話したいのかもしれない。





ひさびさに、ただうたうために、カラオケに行って

うたをうたったら、とてもうたいやすくなっていた。

はじめて、うたいかたを、知ったような気がした。

話すようにうたうひとにあこがれていたけれど

すこし、そうなれるような気がした。

うたがうまいとはなんだろう。

うまい、については、わからないけれど

ちゃんと呼吸ができて

呼吸のうえで音になるって

とてもしっくりきて

それは、芝居をするときとおんなじことだった。

人気の投稿