ねこそぐ

小学校の頃、

図工の授業で作っていたさくひんを

とちゅうで
うまくいかない、このさきはない

とおもって、

できているものを壊してはじめからつくりなおした。

そのことを、このごろ
なにかをつくっているとよくおもいだす。

ねっこからちがうものは
もうちがうのであって

はじめからうみだしたほうが

早く思う通りになったりする。

こわすのは、なくすのは、こわいけれど

そういうものだとおもう。

なにかをつくるって

はじめからさだめられるようなことじゃない。

予測できないようなものが見たいのなら

自分にも予測できない場所で作ったっていいのではないかしら
おもうようにもなった。



ああ、図工、たのしかったな。

なにかを0からつくるのが
むかしっからすきなのだと

仕事をはじめて10数年たって
きがつけたときは

うれしかった。

じぶんのねっこをおもいだしたり

ひっこぬいたり

そんなこと、くりかえしてる。


人気の投稿