まっつぐ

正直と誠実について
21歳くらいのころずっとかんがえていた。

正直、と、誠実、は
似ているようで、たぶん、きっとちがう。

あのころもなやみあぐねて
こたえがでないまんまほうりなげた。

きょうまた、そのことをかんがえていることにきがついて

ひさびさになくした手袋のかたっぽを
拾い上げたよう。

今、役を演じていて

ああ、わたしもずいぶんと、この五年で変わったなあと思うことが多い。

仕方ない、と思うことが増えた。

それはわたしにとって

わたしのまわりのひとといきる空間にとって

とてもやわらかな余白になっている。



MU『このBARを教会だと思ってる』
2/21〜26 下北沢駅前劇場
500円お得な初日、残り数席です。

人気の投稿