やって来る




『一枚のチケット~ビートルズがやって来る~』
いよいよこのあと初日です。


はじめて立ってみる紀伊国屋サザンシアターはとてもひろくて

こりゃどうにも一人の力じゃ無理で

ここにきてまたグッと、言葉にせずとも結束が強まったような感じが

すこしうれしかったです。

今年最後の舞台

なんやかんやかぞえてみたら
朝劇をのぞいて
今年7本目?くらいの舞台

やどかりみたいに
いつも新しい家で新しい人と
新しいものをつくる暮らしですが

今回は一段と
風変わりな家です。

様々な場所で鍛えてきた人たちが

海を越えて集まって

言語も、文化も、ボディランゲージも違う中で一つのものを作るのは

難しくもありますが
発見だらけで面白さがまさります。

共通言語を探したり
互いの言語を尊ぶことで
積み重ねてきました。

その人と人の向かい合い方は

物語の舞台である1966年、ビートルズがやってくるときの日本の人々のそれと

とても重なるところがあるように感じています。

それぞれの生きてきた場所
確かめてきたこと
変わる瞬間
守るもの
譲れないもの
変わらなくてはいけないこと

さまざまな方向へ向かうエネルギーが

それでも混沌というひとつのかたまりになってぶつかります。

その瞬間を、みにきてくださるかたとともにすごせることを
たのしみにしております。



演劇女子部
『一枚のチケット~ビートルズがやって来る~』
11月27日~12月3日
紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA

人気の投稿