みずから

ゆめとまぼろしの水信玄餅に
後ろ髪も、割と前髪も引かれつつ
みつをさん運転の車に乗り込みますと

巨峰とサンシャインマスカットのおでむかえ。

ほおと頭を抱えて、この悩ましい景色にたえます。

すなおにたべます、
まあああああおいしい。

くちのなかにあふれるいのち。

いろんなかわに包まれた
山梨のおいしい水たちが

すこしずつわたしのからだにしのびこみ
すこしずつわたしのからだにみずをあたえて

すこしずつわたしは生きかえり
すこしずつ、いや急速に
しあわせにみちてゆく、!

感動のあまり、ダイレクトになみだになりそうで
あぶないあぶない。

からだじゅうからごくごくきこえて
こういう音が聞こえるときを
わたしはすごく正しいと思う。

だってあきらかに聞こえるから。
なによりもあきらかに聞こえるから。

正しいとか、正義とか
そういうことじゃないって
どんどんおもうこのごろだけど

あえて使うならこういうとき
こうしてからだがこたえたとき

それを正しいと呼びたいな。


このきゅうりもめちゃくちゃに美味しかった…

人気の投稿