前提


鵺的『奇想の前提』
きょうで7日目となりました。

蝉ならさよならの日ですが
今回の公演はすこし長生きで
あと4日の命です。

こうして振り返らねば
きょうがどこなのかわからなくなるほどには

毎日その瞬間に燃やし尽くしております。

身体の感覚としては

皮膚から肉くらいまでのまるっと一枚を
なんとなくずっとあずけているようなかんじです。

どういう意味ですかね、わかりません。

こんな世界もあるのかと知ってもらえたり

こんな世界があるならちょっとはいいな

とおもっていただけたら、なによりです。

いろんなひとがいて

いろんなひとがいきてて

うまれてきたかぎり、そのことじたいはまちがいじゃないので

まちがいじゃなかったなあとおもえる場所が

ひとりにひとつ

あったらいいなとおもうし

それだけで生きていけるならそれがいいな。

だれかの、まちがいじゃなかったなあとおもえる場所を

ながめてみつめてゆるしてゆける

それぞれであったらいいな。



さてさて今日も二回公演。

こんな長々とお話ししましたが
夏休みの大冒険活劇をおおくりしてます。

ぜひ足を運んでみてください。

鵺的『奇想の前提』
作 高木登
演出 寺十吾
7/21(金)〜30(日)
中野テアトルBONBON
◉鵺的公式サイト

ご予約

人気の投稿