よるべない


すこしひさびさに、すこしおおくの文章を書いています。

言葉なんてなかったらいい、と思う日もあれば

言葉があってよかった、と思う日もあります。

言葉はあんまりにも広いので

そういうことが起こります。

その広い言葉の中の、ここがどの地点なのか、ということは

実はいつもさほどわかっていなくて

そこが甘いなあ、自分、とおもっています。

わからないから知らぬ間に天とか地にいて

言葉なんて!とか、言葉よ!とか、叫ぶのだと思います。

それでも触れずにいられないのは

もはや癖のようなものなのでしょうが

やっぱりこの広い野原で遊ぶのがすきだからです。

あとは、一番ちかくにいきたいからです。

何のだかは、わたしにもよくわからないのだけれど

肉体を超えた、その一番ちかくにいきたいからです。

触りたくて仕方ないからです。

無理だってわかってても、そうおもってしまうからです。

無理なことばっかり願ってしまう性分です。

夜中に考え事をしたって、布団からとびだせっこないのに

夜中って、宇宙まで飛んで行くくらいいろんなこと考えちゃう。

ああ、鳥がさえずりはじめてしまった。

夜に追い越されちゃあ、こまっちゃうんだな。

人気の投稿