よのつき

舞台が終わってもかわらず

日々が光の速さですすんでゆく。

かわったのは

すぎてゆく、というより、すすんでゆく、
という感じになったこと。

25さいの春は、こういう速度なんだとおもう。

いいとおもう。

いいとおもう。

光の速さ、なんていうと忙しげだけど

実はとってもたっぷりすごしていて

毎日花が開いたり散ったり、緑が芽生えたりするのを

ずっとみている。

たくさん息をして、風の声を聞いて、

うんうんうなずいたりしている。

おもいたって、1年前の雑記をよみかえしたら

1年前は、1年前の、今があって

その瞬間をきちんとみつめているわたしが、
そこには、今も立っていてくれて

それがすごくこころづよかった。

24歳のわたしは、かわらず、今を生きてた。

すぎた時間はなくなることはなく

いつもいつまでも、その地点で、
すっくと正立してる。

今のわたしも、きっとそうであれているって、おもう。

あたらしい風が吹いている。

今に全身をゆだねて

風の声をきいて

肌でかんじて

ここにあるすべてをだきしめていきたい。

人気の投稿