日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年4月11日

よのつき

舞台が終わってもかわらず

日々が光の速さですすんでゆく。

かわったのは

すぎてゆく、というより、すすんでゆく、
という感じになったこと。

25さいの春は、こういう速度なんだとおもう。

いいとおもう。

いいとおもう。

光の速さ、なんていうと忙しげだけど

実はとってもたっぷりすごしていて

毎日花が開いたり散ったり、緑が芽生えたりするのを

ずっとみている。

たくさん息をして、風の声を聞いて、

うんうんうなずいたりしている。

おもいたって、1年前の雑記をよみかえしたら

1年前は、1年前の、今があって

その瞬間をきちんとみつめているわたしが、
そこには、今も立っていてくれて

それがすごくこころづよかった。

24歳のわたしは、かわらず、今を生きてた。

すぎた時間はなくなることはなく

いつもいつまでも、その地点で、
すっくと正立してる。

今のわたしも、きっとそうであれているって、おもう。

あたらしい風が吹いている。

今に全身をゆだねて

風の声をきいて

肌でかんじて

ここにあるすべてをだきしめていきたい。