日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年3月30日

allstar

おくればせながら

superendroller
『monster&moonstar』

無事に幕を下ろしました。

たくさんのご来場、ほんとうにありがとうございました。

あの時間から抜け出して、いま

ああ、とんでもなくふしぎな時間の中にいたなという心地がしていて

あの日、あのとき、あの場所に
たくさんの人が訪れていたことがふしぎでなりません。

と、いうのは

あの日、あのとき、あの場所が
存在していたことがふしぎでならないからです。

そのくらい、ふしぎな時間でした。

ことばのとおり、ふしぎな時間でした。

カーテンコールのあいだ

この作品をどう受け取ってくださったかとか
そんなことをとびこえて

このときをともにしたひとたちに
なにかいいことが起これ、起こる、

とおもったことが

その「ふしぎさ」のこたえのような、きがしています。



高校生役を生きるために、さまざまな感覚を呼び起こした日々でしたが

今回演じた「優」という役は
25歳、今のわたしでしかできない役で

高校生の当時はもちろん、
一年前でも、半年前でも、できなかったことのような気がしています。

「みんな」ということばを、意識的か無意識的か
何度も用い、つたえようとする彼女を生きることは

今のわたしでしか、できないという気がしているからです。

「みんな」をおもったり、つくったり、たしかめたり、ふたしかさを感じることが

わたしのなかで、大きなテーマになっていたように感じます。



でも、たしかにここにあつまっていた「みんな」は

同じ方向を向いて「みんな」を生み出すことをしていて

そのなかのひとりひとりに出会えて
すごせてよかったと
ただ感じる今です。

ほんとうに、それぞれに、
澄み通った気持ちの良いひとりひとりでした。



生み出したひとりひとりが
みにきてくださったひとりひとりが

ほんのすこしいいことに出会える今日であることを
心からねがって。

つぎへゆきます。

ありがとうございました。