おんがくかのおとは

おんがくかのつくるおんがくは

きくひとのもとにわたって

「すきなおんがく」になったり

そのひとにしみこんで
「じぶんのおと」になったりする。

おんがくかのつくるおんがくは

おんがくかのもとから はなれたしゅんかんに

おんがくかのものではなくなる。

おんがくかは

じぶんのものをみつけだすために

いつもおんがくをうみだしつづける。

すぐにそのてからはなれていってしまうとしって

それでもじぶんだけのほんとうのおとをききたくて

うみだしつづける。

いつもじぶんだけのほんとうのおとがそこにあるように

たえず うみだしつづける。

たえず たえず たえず。

とどまることで さんかしていくおとや

さんかしたことをしらずにながれつづけるおとに

おんがくかのおとが かきけされないように。

人気の投稿