日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2017年1月27日

価値のすみか

きょうは、いい日だ。

ちょっとまえに、ふっときめた

「お財布を買う日」がおとずれた。

このブランドで買おう!と考えていたのだけど

なんとなく、きのう、

お財布をひたすらみる旅に出た。

そうしたら

あ!いい!とおもうものが

おもしろいことに、どれも
日本の革製品だった。

それできづいたけれど

ブランドでえらぶのでなく

名付けられた価値でえらぶのでもなくても

いい!とおもうことには

なんとなく理由があるのだなあ。

これだ、とおもう、財布に出会えた。



家に着いてからも

インターネットでそのお財布の写真をみて

ほかのものとみくらべても
やっぱりいいなあ、うれしいなあ

とかんじたので

身の回りの人たちにその写真を送りつけまくり

お嫁に迎えるひとを紹介するかのように、
自慢をして(迷惑)

ついに、むかえにいってきた。



ああ、うつくしい、わたしのお嫁さん。

その身はお化粧箱につつまれて

たいせつにわたしのもとへやってきた。

正直にいうと、予算はちょっとはみだしたけれど

えらびゆくうちにどこからか

いまのわたしが高価だとかんじるものを
と、おもうようになった。

何年後かのわたしに、にあう財布。

何年後かのわたしへ
いまのわたしからの、おたより。

なにより、
そんなお財布をおくりだしてくださった店員さんとお店がとても気に入り

こんなふうでありたい
こんなものたちに囲まれて暮らしたい
そしてそれを大切にできる自分になりたい

と、感じ入った。

すこしずつでも

自分のなかの価値が、
すてきになっていくといいな。

きょうはそんな、はじまりの日。