きのせい


すきなおんがくかに

まちで、そうぐうした。

ともだちとまちをあるいていたら

ふんわり、そのひとはまいおりた。

そのおんがくかは

わたしのともだちの ともだちだったようで

あんまりにもふつうに、ことばをはなしていた。

息をしていた。

木の芽からうまれたとしかおもえないような

そのひとは

ともだちをはぐすると

ひらひらと手をふって

またふんわりと、まいあがっていった。

わたしは「すきです」とつたえた。

「すきです」は

木の芽の中に、ふううううんとすいこまれていった。

駅までのみちを、ともだちとあるいた。

おんなじまちの、地つづきのみちが

まったくちがう場所だったみたいにかんじた。

あの場所だけ、きりとられたみたいにかんじた。

またもどったって、そのおんがくかは

もうどこにも、いないきがした。

ふつうにはなしていた
そのおんがくかのこえは

うたごえとおなじ、風のような密度で

「ありがとう〜」

そのこえが
まだわたしのからだのなかをすりぬけてる。

人気の投稿