日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年12月1日

あい、さつ

12月がやってきました。

ことしさいごの、月だそうです。

あっというまだったな、というのと
いやあ濃密だったな、というのは

毎年共存しますね。

ことしもそんなふうで

やっとたどり着いたか、12月

みたいなきもちもあるかもしれない。

そんなたいせつな12月のはじまりは

無駄だろう、とおもうほどに寝て

ラジオばかりをきいてすごした。

だめだろ、とおもうのだけど

このごろのわたしは、すきなだけ、やすんでいる。

だけどそんなに罪悪感もなく

へやのなかをきれいにととのえたりもできて

ほかになんにもしてないくせに、まんぞくしている。

それでふと、とあるうらないを読んでみたら

12月『余暇を待つ』と書いてあったから、
なおさらあんしんした。

そのうらないは、ことしの半ばくらいに見つけて。

「占って欲しくないみたいですね」って占い師さんに言われるほど、あまり信じない私なのだけど

すごくやさしくて、しっくりくるうらないだったから、ことあるごとに、読んでた。

ことしの上半期と下半期、それに各月にむけたことばがのっててね。

きょうは、それを読み返して、なんだか泣けてしまった。

なにに向き合って
なにをえらんで
なにをぬぎさったか、ってこと

ぜんぶかいてあって

じぶんがすごしてきたこと、おもいかえせたから。

こんなことじぶんでいうのは、どうかとおもうけど

よくたどりついた、12月!

よく生きてきた、2016年!

きょうばっかりは、そんな感慨にひたっていいかなって、そうおもう!

わたしは、この年を、心底あいしてるよ。

この年に、であったもの

この年に、きづけてだきしめられたもの

心底あいしてるよ。

そんなあいに、ひたひたにつかって

すごそうとおもうよ、12月。