日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年11月4日

あるふぁのみらい

きょうはまた、たまらないおもいの日だ。

『珍渦虫』を、恩師がみにきてくれた。

高校の先生。そして彫刻家。

高校の後輩も来てくれた。

おわっていっしょに、

おいしいさかなと、おさけをあじわった。

金目鯛の煮付けと、のどぐろの塩焼きは

身とそれ以上のなにかふくよかなものをまとっているような味わいで、ためいきものだった。

そうそう。身とそれ以上のものがあるのだ。

この、贅沢な日々は。

ほんとうにしあわせなことだとおもう。

こころから、あり、がたいことだと、おもう。

人生の大先輩の先生は、またことし、ゆめをかなえる。

そしてわたしはそのゆめに、ひっそりのせてもらっている。

わたしのまわりの友人も、このごろ、ゆめをかなえている。

わたしも、まいにち、ちいさく、ゆめをかなえている。

ゆめ、とか、かなえる、とか

チープなことばにきこえる日もあるけど

ほんとうに、てにとる、そんな瞬間を目にすると

いかにそれが重厚で豊満なことか、わかる。

身と、それ以上の、もの。

ゆめって、そういうことなのかもしれない。

あしただって、あさってだって、

2年後だって、

30年後だって、

50年後だってたのしみな今夜は、。

きょうでおわったってかまわないように、生きようとおもうんだ。