日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年10月4日

かいとう

わたしは、芝居をするとき

過去の自分のなかから、

そのときのこころとからだのかたちをみつけて

そのときの状態に立ち戻って

役を演じます。

外側から他人になることはむずかしいので

内側から探す、というとわかりやすいでしょうか。

そういうときにいつもたよりにしてるのが

自分の過去のメモ書きです。

そこからふくらませて

感覚を解凍し、呼び起こしたりしています。



今日から、ウェブマガジン「アパートメント」にて

週一の連載がはじまりました。

そこでは、

そんな過去のメモに
今のわたしがことばを継いでみる

という方法で文章を書くことにしました。

今でない、いつかのわたしのことば。

どんな役のときに、このことばを用いるのか

そんなことも想像していただけたらたのしいかもしれません。


毎週火曜更新です。

どうぞよろしくお願いいたします。

「アパートメント」
10/4[アパートメント・わたし]