猿も気からのぼる

気が抜けると

元気になるということを知る。

元から気が湧いてくる。

やあっと、きちんと自分の足で立てる。

このところ、

ことばを書けるわたしと

タスクをこなせるわたし

みたいなのが共存していて

そんな自分にちょっとびっくりしてた。

わたしのなかでそのふたつは

逆のベクトルのエネルギーによるもので

なかなかどうして、共存させられなかったから。

暮らしが循環してゆくなかで

きちんとことばもうまれてくれる。

ことばも概念も、酸化したらおしまい。

きちんと呼吸する暮らしには

みずみずしいことばがついてくる、

そうあったらいいなあとおもう。



それでもやっぱり、
あたらしいからだとあたまのうごき

気を張っていたみたいって、気が抜けて、気付いた。

みぞおちからへにょへにょとしぼんで

でもそこに、じんわりじんわりとちからが湧き出した。

樹液とか、お芋の蜜がにじんでくるみたいな、そんなかんじ。

張り詰めていたら、ちゃあんともっている栄養も

うけとることができないのね。

そうしてやっと、循環、循環。

うまれて24年がたっても

息をするのは、コツがいる。

人気の投稿