えみのひ

なにがほしいのか



はなしていたら、とてもよくみえた。

うみのひだった。

ことばをわたし、もらい、わたし、もらううちに

ぐるぐる円をえがいて

遠心力がはたらいて

真ん中にきゅうっと、ちからがあつまるかんじがした。

求心力かもしれない。

なぜしりたいのか

なぜかなしいのか

なぜさみしいのか

なぜしんじたいのか

なぜ、。

なぜ、は。もとめることへのやじるしで

なにがほしいのかを、よくおしえてくれた。

かたちじゃない

数字じゃない

ことばじゃない

あらわしきれない

でもあらわしたい

揺らぎ翻るあれこれ。

裏腹をぐるぐるめぐる。

そのまんなかにあつまるちから

それは、。



目と目の合う
その瞬間に
うまれるもの

うみのひは
生みの日
うみからうまれたわたしの
はじまりのはじまりをみつめる日になった。

人気の投稿