日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年7月15日

会抱の光


昨晩、こんな記事を書いていたら

きょう

まさに真っ暗な世界のものがたりをみることになった。

関森絵美さん出演
waqu:iraz03『わたしたちのからだは星でできている』

ざあざあ雨降りの中むかった横浜のホールには

入った瞬間、真っ暗な世界が広がっていて

だけどそこには、ひと、がいた。

ひとりであるくひと

だれかとであって、なにかを指差しはなしながらあるくひと

ひと、ひと、

それをみつけて、わたしのなかは、すぐにふるえだした。

わたしたちはどこからきて、どこへゆくのか

はじまりのはじまりの、こんっなちいさな見えない点

だれにもわからない、そのはじまりのわけ

このせかいはこんなにも混沌としたことからはじまっているのに

なんでひとは、ひとつのこたえをほしがるのかなあ

っておもうと、いつもさみしくてしかたなかった。


わたしにしかみえない真っ暗な世界

誰かと手をつなぎ同じ景色を見る明るい世界は、とおといけど

そのひかりにおしつぶされることもこわかった。



ものがたりの中で言っていた。

「原子と原子が出会うと
解放されて、光を放つ」

それを聞いて、わたしはとても、うなずいた。

わたし一人の真っ暗な夜に抱え込んでいるエネルギーは

誰かに出会って、初めて解放されるんだなあって

まいにちのことおもいだして、とってもうなずいた。

その時初めて、光を放つ。

光るあなたを、みつけることができる。

わたしひとりの真っ暗な宇宙

そこに眠る光をみつけてくれるのは

このほしの、そこここにいる、だれかなんだって。

おなじところからうまれて

どこかでいきてる

だれかなんだって。

こころづよいなあ。

真っ暗なひとりも、誰かと見つける光も

おなじに、あたりまえに、とおとくおもった。


舞台に立つ一人一人は、星みたいでうつくしかった。

誰かを思ったそのとき光る

その光景を見るたび、なみだがでた。

雨と涙の水分は

わたしがどこからきたのかを、無言でおしえてくれた。


waqu:iraz03『わたしたちのからだは星でできている』
7/15[金]〜7/17[日]
神奈川県立青少年センター 多目的プラザにて
http://waqu2014.wix.com/waqu-watahoshi

写真は
出演の関森絵美さんと、主宰の小林真梨恵さん。

✴︎