上反記

あじさいと、和菓子の水無月がとてもすきだ
ということを実感し

6月がすきなことを知る。

あじさいって、色も形も、
いろいろあって、どれもほんとうにすき。

季節の色や香りがあることは、いつも知っているけれど

こんなに感じられたのっていつぶりだろう

というほど、久々にとても時間があって

頭の中でたどってみたら、
きっと1年ぶりくらいの、いとまの多さだった。


ひさびさにゆったりと空気を吸う日々は
脳みそに酸素がよくいって
しばらく目がいかなかったことが、よく見えたりする。

アイメイクをちゃんとしてみたりとか

揚げ物に挑戦してみたりとか

未来の予定表を書いてみたりとか

すごくくだらないんだけど、できなかったことに挑戦した6月でもあった。

映画もライブも舞台もよくみたなあ。

どれもすごくよくて、ごくごくすいこんだ。

帰り道に残った心地をころがして、じわじわ浸透させた。

振り返るほどのこともなく、来月もきっとこの調子なのだけど

次に猛ダッシュするときまで、思う存分、時のなかをただようつもり。

今のうちに金髪とか、してみたりしてね。

しないけどね。


そうそう、下半期の予定をブログのトップにざざっと載せました。

よかったらみてみてくださいね。

さんきゅう、上半期。

人気の投稿