日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年5月31日

判か、半か。

崩れて、固まって、崩れて、

きょうはぐちゃぐちゃから半熟みたいになれた日だった。

ある程度の形を保ってないと、日々を越えられないけれど

固まってる時っていうのは、自分に対する疑いが弱くて危うい。

いつも半熟くらいでいいなあと思う。

茹で上がってちゃいかんなあ。

良きところで、冷まさないと。



朝劇下北沢平日『リブ・リブ・リブ』
5月一度きりの公演を終えました。

みんなで見つめ直して作った、たった一度きり。

ロングランの中での一度きりは

お客さんにとっては一度きりしかないひとときにはふさわしいし

いつも来てくれるかたにも、いつも新鮮に見ていただくのにふさわしい

そんな力の注ぎ方になれたかなあ、と、おもう。

いつだってあたらしく、やわらかくいたい。

その瞬間に起きたことをいつもあたらしくうけとれるからだでありたい。

いつも半熟の半人前だって、認められる自分で、ありたい。

たまにえっへん、って

そんな日も許せる半人前で、ありたい。