日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年4月1日

生き活き

4月1日。

フリーランスになってから、まるっといちねんがたちました。

あたまっから、おわりまで、ぴっちりと仕事をしてきたことに気づき

今、今、を送る間に一年が経ったのだなと感じます。

最近、生きる、ということについて一層よく考えます。

一年前だってずっと考えていたけれど、
生きる、ということに含まれる意味が増えた気がします。

今考えればそれは、もっともっとロマンチックなものだったなあとおもいます。

何かに目を伏せて手に入れる、純度や、鮮度。そういう、生きる。

だけどいまは、すべてをあるがままに受け入れて、生きる、ということを探し始めました。

お金
時間
仕事
人間
身体




生きる、ことに含まれるもの
一見チープなことばもある。

でも今手に取るそれらは、まえよりずっとチープじゃなくて、中身の詰まったものだと思う。

夢は実現すれば現実になる。

対局だったようなふたつは、おなじものになる。

だけど、その二面を共存させ、重ね、また膨らませていくのが

いまのわたしにとって、生きる、ということになりました。

またあたらしい一年のはじまりです。

もうひとまわりゆたかに、生きる、そんな日々となりますように。

本年度もどうぞ、よろしくお願いいたします。