日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年3月13日

たなぼたさま


脚本を書きながら、

あーここ5年で変わったことってすごくあるなあ、と思った。

一番大きくは、

人の痛みはわかるもんじゃない!

って思うようになったことで。

もっと過信してたから、人の気持ちは理解できるとか、人の痛みは分かち合えるとか。

でもそんなことはなくて、わかったつもりになると傷つけちゃうかもしれないって

そう思ってから、なんか、ちょっと、あきらめた。

誰かに触れてみることとか、歩み寄ることとか。

でもそのあきらめは悪いことじゃなかったなって思ってて

それもこえて、いまは

それでも触れてみようとか、歩み寄ってみようとか、ちょっと思い始めた。

わかりませんよ!って開き直って
わからないなら触れてみるしかないじゃん!って

わからないなりの愛情の持ち方みたいなのを探してる。

わかんないけど。わかんないけど。

わかることが正義じゃないし、な。

わたしがわたしでできることを、いつもするほかないもんな。

だからこうして、わたしがわたしのために書いたことやしたことが

まわりまわってだれかのためになってたりすると驚くんです。

たなぼたものなんです。