日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

観劇三昧下北沢店1周年記年イベント参加
『路上演劇祭』
2月17日 13:00〜13:30
@観劇三昧下北沢店前
(福永不参加)

トークとライブのイベント開催
『朝の会』
2月24日(土)9:00
@CAFE VIZZ
ゲスト:おとなり
チケット発売は2/7


◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2016年1月5日

うまれて、うもれて、うぬぼれて

新年あけて、あけたまんま、ブログを書けずにおりました。

ずっとずっと、無我夢中で走っていました。

けっこうまえから、ずっとずっと、止まらず走って走っていました。

ガソリンがなくても発電して走っていました。

おもっていること、かんじたことが、山のようにあって

それをことばにするにも、どれを包んでどれを泳がせたまんまにしておくかまよっています。

きのう、わたしはなんだかまた、うまれたみたいなきもちでした。

24歳になりました。

たくさんのひとが、たくさんのひとが、わたしの眼の前にいました。

いっしょにたのしい!をつくってくれたひとたちと写真をとったら

みんな、わたしの親みたいな顔をしてそこに立っていました。

たぶん、ほんとにうまれたんだとおもいました。

肉体がうまれた24年前とはまた別に

ひとと、ひとと、ひとと、ひとと…のあたたかななにかにつつまれて

わたしが、また、うまれたんだとおもいました。

やさしさでうまれたわたしが、いま、ここに、います。

だから、発電しなくてよくなりました。

たくさんのエネルギーが、わたしのなかでどくどく、脈を打っています。

目標や志なんてひとまずはもったいないからいらなくて

ただただ、うまれたわたしにただようすべてを、ふれて、たしかめてゆくことから、はじめます。

ありがとうを、たくさん。

ずっとずっと、よろしくお願いいたします。