日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年12月10日

ことことがたごと

たいせつな文章を書いていて、眠れなくなる始末。

ことばはこれだけあるのに

この瞬間に書き表したいことを的確に書き表せるエリアというのはとてつもなく狭くて

広いからこそ狭くて

その微妙な光の穴みたいなのを、体を揺らしながら探っています。

適当というのは
ひろさをもっての狭さのことを指しているとおもっていて

年を重ねてわたしが目指したいのは、適当に生きることだったりします。

何度も話してるな、これな。

こればっかりいいたくなっちゃうんだ、たびたび。

あれ、や、それ、で通じるひろさや狭さに似たものが

あいまいでたしかなことばとして、いつもそこに置いてゆければとおもいます。

ことばへの偏愛なのだとおもいます。

1ミリのブレがたまらなく、たまらない。