日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年11月7日

十二分目の冬

しらないまちで、うつくしい珈琲屋の前を通ったら

うつくしい店主夫婦とその娘らしきロングヘアの美少女がこちらをふわりと振り返り

その瞬間にうつくしさのかたまりのようなものがおそいかかって、息が止まりました。

儚いくらいにうつくしい瞬間みたいなものに
わたしは遭遇しやすくて

まぼろしみたいでくるしくなります。

だけど、それをことばにできるから

消え去らないでいてくれて

またこの目で確認できて

たすかったなあ、といつもおもいます。

かたまりをのみこめないまま駅にたどり着くと

駅に隣接したショッピングモールでは赤と緑とクリスマスソングがあふれていて。

絵に描いたようなしあわせが現実に満ちている空気と、

夢みたいなファンシーなかおりをかいで、

ちょっとからだがびっくりしました。

手に取れるだけのしあわせ、と呼ぶもののかたちも

ひとのくらしによってことなることを、再確認。



冬は空気中の分子が減って、だから人は、人肌が恋しくなるときいたことがありますが

だからかきっと、ひとがひとをおもうきもちの分子みたいなものは増えていて

すいこみすぎておっとっと。

なんにものみこめないまんま、ホームへと向かいました。

電車の中のひとがひとをおもうきもちの密度は

ここちよく低く、つめたかったです。