日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年11月28日

にせにせんえん

髪の毛のカラーモデルにスカウトされてすごくなやんでいます。


「アシスタントの身なんで、練習会って感じなんで、2千円で大丈夫です。いや、めっちゃ破格だと思うんで」

って言われて

「おお安いわね」となったのは一瞬で

いやいや練習で人からお金取るのは違うよね

と。

最近、人からお金をもらう、人にお金をわたす、ということのシンプルさについて考えるのだけど

やはり、対価、というからにはそれに見合うなにかが源になっていて

源のないものに対価はないよなあ、とおもう。(当たり前)

材料代だとしても

そこにお金をかけてあげられる、養育費を持てる、お店であってあげてくれ。


2千円で髪を染められる安さではないのだ、問題は。

その人が、モデルの髪を染める理由に対して、お金をもらう、という行為が対になっていないのだ。





などと堅苦しいことを言いましたが、つまりは、わたしにはまったくカラーモデルをやる気はないようです。

2千円か。
安いけどな。
腕もあるかもしれないけどな。
知らないだれかに投資するというのもいいのかな。

でも、な。

2千円か。

好きなだれかにあげたいな、お年玉でも。