日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年10月8日

オンオフアタシー

オンとオフ

みたいなものを意識したことがなかった。

神経を研ぎ澄ませておきたいことにはいつもオン

そうでなくてよいとおもうことにはいつもオフ

だからいつもオンとオフは同居していて、

休む時にも休まらないところがあった。

そしてたぶんそれは同時に、いざ!というときにもそれほど集中ができないところもあったんじゃないかなあということに、最近気づいた。

それでもいいかなっておもってたんだけど

完全にオフにする時間があると、自分のからだのなかで緩む場所がわかって

そうするとそこに力を加えればオンになるということがよくわかった。

あったりまえのことに、やっときづく、23歳。

そうか、人はこれをオンとオフと呼んでいるのか。

いろんなことの、さかいめが、自分なりに見つけられるようになったらいいなと思う。

わたしがわたしで、だれかはだれかで、

それはもうどうにも越えられないこととか、そういうこともひっくるめて。