日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
3月、朝劇下北沢200回記念&千秋楽公演!
ご予約はこちら

◉下北沢演劇祭参加作品
MU
『このBARを教会だと思ってる』
脚本・演出:ハセガワアユム
2018年2月21日(水)〜26日(月)
下北駅前劇場
ご予約はこちら
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年9月1日

くりだすくがつ

ついに9月がやってきた。

もしかしたら、わたしには、本番。

ここが、はじまりの月。

すごくへんてこだけど、

いまのわたしは半身みたいな感触で、半分はどっか別のところにいっちゃってるみたいなかんじ。

たぶん眠りと現実の間をさまよっているせいで、

なんだかふわっとういている。

浅くて小さい眠りをたくさん、うろこみたいにかさねて、

そこからさめてもまだうろこのうえをすべっているようなそんなかんじ。

こんなかんじで、9月がはじまった。

9月はだいたいこんな調子で、
全身、になってくるとはじまることがある。

去年もそうだった。

でも今年は、そのことを知ってる今年は、

このへんてこなジャンプ台みたいなのをもっと使えたりしないもんか、と、おもう。

『とびだせ!福永マリンパーク』まであと3日。

全身でつくる秋で、全身で勝てたとき、なにかみえると、いい。

とびだしてよかったねって、タオルを肩からかけていっている姿が目に浮かぶ。

すこし肌がひりひりしてでも、とびださなきゃいられない、ときがある。