日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年8月23日

大人の怪談のぼる

ほんじつは怪談イベント「怖優」に参加してまいりました。

俳優は怪談がうまいのか?!

というテーマでおおくりしたこの企画。

わたしはひたすらきいていたのですが、恐ろしさのあまり、身動きが取れなくなる場面も。

俳優は怪談がうまかった

けど

わたしは怪談がほんとうにだめだった、ということがわかりました。。

でもなんだか
はじめてじっくり怪談に触れて感じたのは

そのことを伝えてあげようと思ったり
お話のなかの人物におもいがあると

やさしくあたたかくかんじるのだなあ、ということ。

ひんやりとした空気のなかで、そういうあたたかさに触れて、

ちょっとびっくり、うれしかった。

怪談にこそ、思いやりかあ。

語るって事は、やさしさがあって、できるんだなあ。

新しい、発見。

夏のイベント、満喫しました。

写真は渡辺コウジさん。

みんなそろって浴衣、ちょっとけっこう、うれしかった。