日曜チーム
『いつものいつか』(脚本)
作 福永マリカ/演出 原将明
@下北沢CAFE VIZZ
12月23日(土)30日(土)9:00〜
ご予約はこちら

朝劇下北沢プロデュース
『夜に生きて、』(出演)
作・演出 松澤くれは
@CAFE VIZZ
12月16日(土)9:00〜
完売いたしました。

◉日本劇作家協会主催リーディングフェスタ
『食べるを読む』
12月16日(土)
@座・高円寺
詳細はこちら

◉ショートフィルム脚本
空中メトロ『openroll』
上映会&ライブ
12月17日(日)18:30〜
@下北沢・近松
詳細はこちら

◉一人芝居フェスティバル
APOFES2018』出場決定
作・演出 福永マリカ
出演 関森絵美
1月17日(水),21日(日),28日(日)
@千歳船橋APOC THEATER
ご予約はこちら

◉ミュージックビデオ

KANA-BOON『バトンロード』


シンクロリウム『ロングスリーパー』

◉映画
『漫画誕生』
2018年夏公開予定

◆エンターテインメント深堀トークバラエティー


2015年8月19日

しるし

二年くらい前に、実験のためにくらそう、とおもった。

実験っていうのは、そうだなあ、

わたしがおもう、こうしたらこうなる、とか

これはこうだから、こうみたいなものを

実際にやってみるというけっこうおおきなもんで、そしてわたしにとっては具体的でも一般的には抽象論でしかなくて

すごくうーんとおもってた。

でもなんだかさいきんは、ナチュラルにさわりたいものがさわれるし

しりたいことがしれて、

とても快適。

だれかやなにかをかえようなんて、そんなことはおもわないけど

見てみたい光景をつくろうとするのは、たのしみだからいいんじゃないかっておもう。

そしてそれは往々にして、

自分のレシピじゃできなくってまたおもしろい。

光景っていうのは、その場の配置や光、音や時間、ぜんぶかかさなってできるから

そらあ、じぶんのあたまじゃつくれないや。

たくさんのおかげで、勝手にできる。

だから実験しがいがある。

しりたいことしりたいっていっていいところに、暮らせて、ありがとう。